十月雨 Suara 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Suara
公式サイト
十月雨  ♪  Suara
作詞 : 未海
作曲 : 松岡純也

まるで夢の はじまりの様な
愛の言葉 置いたまま

優しいふりで 見送ったのは
痛みそっと隠してたから

窓辺に降り続く 季節変わりの雨
あなたは好きだった こんな夜さえ

愛しいのなら 許しあうなら
抱きしめたなら わかったのに
ひびく雨音 かき消して
待つの 白いあの夜明けを

そっと触れた 左胸には
深い海の歌があり

いつも いつも 守られていた
そんな日々も あったはずでしょう

「傷つけあうよりも この手を離しましょう」
あの日 知らなかった こんな想いは

くり返すなら めぐり逢うなら
歩き出せたら よかったのに
それでも朝は来るんだろう
ひとり 夜明けを待っている

愛しいのなら 許しあうなら
抱きしめたなら わかったのに
ひびく雨音 かき消して
待つの 白いあの夜明けを


ミニ情報
アルバム「アマネウタ」収録曲
Suaraの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Suara「十月雨」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ