私は犬に叱られた さだまさし 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

さだまさし
公式サイト
私は犬に叱られた  ♪  さだまさし
作詞 : さだまさし
作曲 : さだまさし

犬に叱られた夢を見た
君ら人間は少し思い上がっているんじゃないかって
何の役にも立たぬ死に様を犬死になんて
軽々しく言うんじゃないと本気で怒ってた

犬に叱られた夢を見た
君ら人間は少しのぼせ上がっているんじゃないかって
散々人に迷惑かけて死ぬことを
これからは人死にと呼ぶことにするがいいって

飼い犬に手をかまれるなどと平気で言うけど
飼い主に殺される犬の方が多いくらいだ
言っておくが別に猿とは仲も悪くないし
負けて遠吠えするのは君らじゃないかって
もっともだ もっともだ

犬に叱られた夢を見た
君らの前頭葉が発達した訳は
犬が臭いの部分を受け持ってやったからだ
君らに知恵を持たせてやった感謝を忘れてるって

犬に叱られた夢を見た
花咲か爺から桃太郎まで面倒見たのに
猫と違って泥棒もせず恨んで化けもせず
救助や介助やおまわりさんまで務めてきたのに

第一 人も食わぬ夫婦喧嘩やなんかを
犬が食わぬのは当たり前のことだろう
それより犬も歩けば棒に当たると言うけど
それの何処が幸せなのか説明してみろって
もっともだ もっともだ

犬に叱られた夢を見た
犬死になんて軽く言うなと叱られた
もっともだ もっともだ


ミニ情報
アルバム「予感」収録曲
さだまさしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
さだまさし「私は犬に叱られた」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ