ギター くるり 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

くるり
公式サイト
ギター  ♪  くるり
作詞 : 岸田繁
作曲 : 岸田繁

土手に座りこむ
久し振りなのに思い出せません
あの栗色の髪の娘とか
帰り道の淀んだ染色工場のマッド感も

春っぽい自分の顔なんかも
自らの季節感砕け散りました
何かの命綱はずれたら
哀しみの中私はもがき散るでしょう

頭がぼんやりする
久々の早起き素裸でギターかきむしる
グッドすぎるコードだ
これオンリーで行きたい

未来に怯える
それは今を生きるよりもずっとずっと
素敵なことだと決めました
縁側でほくそ笑みました

本来筆不精のおまえさん汚い字のお返事
誰よりも何よりもグッとくるものがありました
最高です

ハローグッバイくり返しますか?
感じない若者になりますか

俺は一人とり残されている?

「図鑑買ったよ、素晴らしいアルバムだな」
当たり前じゃないか心血注いで作ったんだから


ミニ情報
アルバム「僕の住んでいた街」収録曲
くるりの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
くるり「ギター」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ