Brave Song - 多田葵の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

多田葵
公式サイト
Brave Song  ♪  多田葵
作詞 : 麻枝准
作曲 : 麻枝准

いつもひとりで歩いてた 振り返るとみんなは遠く
それでもあたしは歩いた それが強さだった
もう何も恐くない そう呟いてみせる
いつか人は一人になって 思い出の中に生きてくだけ
孤独さえ愛し笑ってられるように あたしは戦うんだ
涙なんて見せないんだ

いつもひとりで歩いてた 行く先には崖が待ってた
それでもあたしは歩いた 強さの証明のため
吹きつける強い風 汗でシャツが張りつく
いつか忘れてしまえるなら 生きることそれはたやすいもの
忘却の彼方へと落ちていくなら それは逃げることだろう
生きた意味すら消えるだろう

風はやがて凪いでた 汗も乾いて
お腹が空いてきたな 何かあったっけ
賑やかな声と共にいい匂いがやってきた

いつもひとりで歩いてた みんなが待っていた

いつか人は一人になって 思い出の中に生きてくだけ
それでもいい 安らかなこの気持ちは それを仲間と呼ぶんだ
いつかみんなと過ごした日々も忘れてどこかで生きてるよ
その時はもう強くなんかないよ
普通の女の子の弱さで涙を零すよ


ミニ情報
アニメ「Angel Beats!」エンディングテーマ
多田葵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Brave Song/多田葵の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ