無題 amazarashi 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

amazarashi
公式サイト
無題  ♪  amazarashi
作詞 : 秋田ひろむ
作曲 : 秋田ひろむ

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描いていた 描きたかったのは自分の事 自分を取り巻く世界のこと
小さな頃から絵が好きだった 理由は皆が褒めてくれるから でも今じゃ褒めてくれるのは 一緒に暮らしている彼女だけ
でも彼はそれで幸せだった すれ違いの毎日だけど 彼女はいつもの置手紙 桜模様の便箋が愛しい
気づいたら夜が明けていた 気づいたら日が暮れていた 気づいたら冬が終わってた その日初めて絵が売れた

状況はすでに変わり始めてた 次の月には彼の絵は全て売れた
変わってくのは いつも風景
誰もが彼の絵を称えてくれた 彼女は嬉しそうに彼にこう言った
「信じてた事 正しかった」

絵を買ってくれた人達から 時々感謝の手紙を貰った 感謝される覚えもないが 嫌な気がするわけもない
小さな部屋に少しずつ増える 宝物が彼は嬉しかった いつまでもこんな状況が 続いてくれたらいいと思った
彼はますます絵が好きになった もっと素晴らしい絵を描きたい 描きたいのは自分の事 もっと深い本当の事
最高傑作が出来た 彼女も素敵ねと笑った 誰もが目をそむける様な 人のあさましい本性の絵

誰もが彼の絵に眉をひそめた まるで潮が引くように人々は去った
変わってくのは いつも風景
人々は彼を無能だと嘲る 喧嘩が増えた二人もやがて別れた
信じてた事 間違ってたかな

木造アパートの一階で 彼は今でも絵を描いている 描きたかったのは自分の事 結局空っぽな僕の事
小さな頃から絵が好きだった 理由は今じゃもう分からないよ 褒めてくれる人はもう居ない
増える絵にもう名前などない

気付けばどれくらい月日が過ぎたろう その日久々に一枚の絵が売れた
変わってくのは いつも風景
その買主から手紙が届いた 桜模様の便箋にただ一言
「信じてた事 正しかった」


ミニ情報
アルバム「爆弾の作り方」収録曲
アルバム「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」収録曲
アルバム「メッセージボトル」収録曲
amazarashi「無題」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
amazarashiの人気曲 この歌手の人気曲一覧

名前♪君の名前はなんだっけ?
ジュブナイル♪自分嫌いな少年少女 ありがとうじゃ満たされぬ今日も
風に流離い♪「彼女に振られたんですよ」
もう一度♪バイトの面接ばっくれて
奇跡♪今夜生まれてくる命と
性善説♪ねえママ あなたの言う通り
ポルノ映画の看板の下で♪古びた団地の陰が伸びる
隅田川♪面映い思い出一つ 紐解く手が震えています
穴を掘っている♪穴を掘っている 人生どこで間違えた
匿名希望♪バイトに向かう電車の中で

amazarashiの新曲 この歌手の新曲一覧

ワードプロセッサー♪遮光粘膜に囚われて 能動性が切断された感性を
空洞空洞♪耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる
フィロソフィー♪辛くて悔しくて まったく涙が出てくるぜ
水槽♪車両基地のレールが 喘息みたいに軋む音がして
ハルキオンザロード♪僕らの別れは最初から決まっていた
悲しみ一つも残さないで♪汽笛が鳴れば素っ気なく
バケモノ♪彼は化け物 嘘を食らう獣
リタ♪君が出てくならそれでいいよ
ぼくら対せかい♪モールの駐車場で花火してはしゃいでいる若い親子連れ
空に歌えば♪虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ