万華鏡 - SKE48(team S)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

万華鏡  ♪  SKE48(team S)
作詞 : 秋元康
作曲 : 上田晃司

万華鏡 くるくると回しながら
窓の光 集め 覗いた
あの頃の少年は虜だった
儚い原色の夢

未完成の人生は 生き甲斐とかブランクで
想像では埋められない 旅の途中
大人びた友人は 「足りないのは自覚だ」と
哲学的意見言って ネット見てる

僕が欲しいものは愛さ
与えられたものは 色がないんだ

万華鏡 くらくらと目眩がする
蛍光灯 見上げ 覗いた
片方の目の中に 飛び込むのは
眩しい原色の花

“勉強なんか意味はなく ずる賢くなる方法”
と言ったって落ちこぼれる勇気もなく
最低の生き方と軽蔑してた父親に
僅かの金せびりながら もっと嫌う

僕が求めるのは自由さ
ここにあるすべては 色が褪せてる

万華鏡 くるくると回しながら
窓の光 集め 覗いた
あの頃の少年は虜だった
儚い原色の夢

僕が欲しいものは愛さ
与えられたものは 色がないんだ

万華鏡 くらくらと目眩がする
蛍光灯 見上げ 覗いた
片方の目の中に 飛び込むのは
眩しい原色の花
万華鏡 コロコロと転がってく
机の中 埃 被って
あの頃はもう二度と帰らないよ
壊れた原色の夢


ミニ情報
アルバム「制服の芽」収録曲
SKE48(team S)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
万華鏡/SKE48(team S)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ