優しく包めたら… 吉岡亜衣加 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

吉岡亜衣加
公式サイト
優しく包めたら…  ♪  吉岡亜衣加
作詞 : Yumiyo
作曲 : 上野義雄

人は誰しもがそう パンドラの箱あけて
泣きながら産まれる 今はまだ旅の途中 あなたも

乾いた喉を少し 潤したのなら もう
誰にも見せはしない 鎧(プライド)も 今 捨てて眠りましょう

この部屋は波打つ海の底 静かに溺れるあなたを
泡に変わって優しく包めたら…消えてもいいのです

夜明けまでの人魚姫でいい 夢に見た足跡が幻でも
その心まで包みこめたなら
不知火(しらぬい)の温もりが あなた照らしますように

折れた翼の烏は 見守るだけの空に
羽ばたく時を待つ あなたもそう いつかまた飛び立つ

たわい無い言葉より 少しの静寂でいい
あなたの痛みなら そばにいる私にも下さい

この部屋は砂漠の草原 柔らかに横たわるあなたを
真綿のように優しく包めたら…風に吹かれます

夜明けまでは産まれたままの涙さえ この胸に流せばいい
その傷まで やがて癒えたなら 穏やかな小春日があなたに…

その心まで包みこめたなら
不知火(しらぬい)の温もりが あなたを照らしますように


吉岡亜衣加の新着歌詞を見る⇒
吉岡亜衣加の人気歌詞を見る⇒
吉岡亜衣加「優しく包めたら…」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ