りんご - cossamiの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

cossami
公式サイト
りんご  ♪  cossami
作詞 : みなみ
作曲 : cossami

バスの窓越しに過ぎてゆく
まだ葉をつけていない
早生のりんご
雪を積もらせた細い枝は
空へ 繋がってゆくのでしょう?

あなたのことを思い描く
笑い声や しわや瞳の奥を
ひとつひとつ 思い出の箱を
静かに開けてみる
またひとつ

朝日を浴びる透明なしずく
水溜まりに
小舟が浮かぶ
風が騒いで波紋は広がる
海へ 繋がってゆくのでしょう?

あなたのことを思い描く
やさしい仕草 確かな歩き方も
ひとつひとつ 思い出の箱を
静かに重ねてゆく

今 この瞬間にも 季節は変わり 過ぎてゆく
春と夏へ 秋と冬へ 過ぎてゆく
どこまでも進んでゆける

あなたのことを想い描く
胸の中のあたたかな記憶
移り変わり それでも憶えてる
ほらね またひとつ またひとつ…

枝から枝へと手を結んで
白い花を咲かせて いつの日か
大きなりんごを実らせる
ゆっくりと走る 窓越しに見える
あなたを見つけた


cossamiの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
りんご/cossamiの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ