輪舞〜RONDO〜 - チアキの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

輪舞〜RONDO〜  ♪  チアキ
作詞 : 角松敏生
作曲 : 角松敏生

翳りゆく空の彼方に 昇りだす月の光を
背中に浴びて見上げれば
失いかけていたときめきが
密やかに甦るだろう
そっとそっと
くるくる回れ運命の
輪舞(RONDO)に揺られて踊りだせ
ただ一夜の夢ならば このまま腕の中で
眠らせてよ

想い出に出来ないでいた 今更の言葉も返せず
忘れられない後姿
振り向いたその笑顔見た時
堰き止めた想いがあふれる
とめどもなく
くるくる回る運命の
歯車に身を委ねたら
あなたに抱かれたままで どこまでも堕ちてゆけ
気のすむまで

ひろがる光と影の
都市から連れ出してよ
今だけでいい
それで諦める

わかっていたよ 気紛れにふと逢いたくなっただけなのでしょう?
それでいいよ だから抱きしめて
もっと強く
くるくる回れ運命の
輪舞(RONDO)に揺られて踊りだせ
ただ一夜の夢ならば このまま醒めないで

くるくる回る運命の
歯車に身を委ねたら
あなたに抱かれたままで どこまでも堕ちてゆけ
気のすむまで


ミニ情報
アルバム「CHIAKI」収録曲
チアキの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
輪舞〜RONDO〜/チアキの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ