いのち - チアキの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

いのち  ♪  チアキ
作詞 : 角松敏生
作曲 : 角松敏生

その手の中に握り締めた
小さな夢 離さないで
行き交う人々の喜び、悲しみ
ありのままの想いで包んでおくれ
やがて君にも訪れる 日々やすらけくなれと
眠れ眠れ 愛しきもの
目覚めたなら 気づくがいい
君に宿る尊きもの
彼(か)の道へと繋がる

見上げた空の移ろう色は
儚いほど艶やかに
この星に生まれた 命の数と
育む全てのもの 共に見守る
やがて雨が川になれば 海へと君を運ぶ
往きて往きて 彼(か)の岸へと
渡るものよ 教えてくれ
過ぎて去りてまた来たりて
人はどこへ行くのか

変わらない事がないならば
このまま終わりと始まりを静かに君と続けていたい

眠れ眠れ 愛しきもの
目覚めたなら 気づくがいい
君に宿る尊きもの
彼(か)の道へと繋がる

往きて往きて 彼(か)の岸へと
渡るものよ 教えてくれ
過ぎて去りてまた来たりて
人はどこへ行くのか


ミニ情報
アルバム「CHIAKI」収録曲
チアキの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
いのち/チアキの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ