イントロダクション・春 - 山口百恵の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

山口百恵
公式サイト
イントロダクション・春  ♪  山口百恵
作詞 : 阿木燿子
作曲 : 宇崎竜童

夢見る頃を いくつか過ぎて
花吹雪の下 私がいる
制服を着た 乙女達の
弾んだ会話に微笑んでる

過ぎゆく時の追憶よりも
迎える季節の重さを想いながら

今、人生が厚い扉を開いて
二人にその姿を見せる

山や河や谷や海 丘や森や空
……そして愛 愛に賭ける
あなたこの手を離さないで

死が二人を 分かつまで
死が二人を 分かつまで

出会いの頃の 記憶たどれば
春霞色の セピア・トーン
幼いままの 淡い恋が
やすらぎの中で 育っていた

不思議な時の生命にひかれ
まぶしく季節は一度に花を咲かす

今、人生が重い扉を開いて
二人に呼びかけているわ

風や波や鳥や木々 雨や雪や露
そして愛 愛がすべて
あなたこの手を離さないで

死が二人を 分かつまで
死が二人を 分かつまで


山口百恵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
イントロダクション・春/山口百恵の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ