死と詩 ―death and poem― - 山口百恵の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

死と詩 ―death and poem―-山口百恵
Jword 山口百恵
公式サイト
死と詩 ―death and poem―  ♪  山口百恵
作詞 : 阿木燿子
作曲 : 宇崎竜童

訪ねる人はいつも 見つからなくて
ようやく探した住所の ドアをたたくと
小さな子供がでてきて言うの「あっち」「あっち」

会いたい人は何故か 行方不明で
まったく連絡つかずに困っていると
背中の曲った老人 指で「こっち」「こっち」

あっち こっち あっち こっち どっち どっち
あっち こっち あっち こっち どっち どっち

私が訪ねたのは もしかしたら
あっち こっち あっち こっち
生と死の間

行きたい場所がすぐに 見えているのに
私のドレスを握って 引きとめながら
花束を抱いた少女が言うの「買って」「買って」

聞きたい歌の題が 想い出せずに
レコードケースを ひっくり返していると
コインを並べて少年 側で「売って」「売って」

買って 売って 買って 売って どっち どっち
買って 売って 買って 売って 何を 何を

みんなが欲しがるのは もしかしたら
買って 売って 買って 売って
夢と詩の言葉


山口百恵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
としごろ
叱らないでね
青い果実
おかしな恋人
禁じられた遊び
パパは恋人
春風のいたずら
雨に濡れた少女
太陽の友達
ちっぽけな感傷
死と詩 ―death and poem―/山口百恵の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ