原始、女は太陽だった - 中森明菜の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中森明菜
公式サイト
原始、女は太陽だった  ♪  中森明菜
作詞 : 及川眠子
作曲 : MASAKI

恋に落ちて 私は燃え尽きて
孤独という氷河をさまよった
不幸に愛された運命はまた
この心を手まねくけど

太陽が昇る 裸の胸に
いま哀しみさえ
生きる力に変えてく

誰・誰・誰・誰・誰も恨んでないわ
ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だから見つめて
揺るぎない私のすべてを

夢に迷い 心は血を流し
報われない想いにただれてた
朝をむかえるため 夜が在ること
教えたのは空と大地

原始に生まれた女のように
ただありのままに
愛をもとめてゆきたい

誰・誰・誰・誰・誰もなぐさめないで
ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だけど感じて
抱きしめた私のすべてを

闇が溶けてく 風がざわめく
弱ささえ受けとめた私がいる

男に生まれてあなた 何がよかった
ねぇ女に生まれて私 きっとよかった

ああ 誰・誰・誰・誰・誰もなぐさめないで
ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だけど感じて
抱きしめた私のすべてを
私のすべてを


中森明菜の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
原始、女は太陽だった/中森明菜の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ