水に挿した花 - 中森明菜の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 中森明菜
公式サイト
水に挿した花  ♪  中森明菜
作詞 : 只野菜摘
作曲 : 広谷順子

三日月からプラチナの光がもれる
気配にめざめた 部屋のかたすみに
揺れる天使を見た

くるぶしまでのびているレースのすそは
翼のかわりに はかなくひらめき
甘く語りかける

さぁ 少女のころに
返してあげましょう
かって愛された日を もう一度とり戻せるわ

あなたはたぶん あどけなさで 眠る時刻
彼女は肩にもたれながら やすらぐのね

恋する時 永遠をしばりはしない
だれもが傷つき 罪深いけれど
それも愛(いと)おしいわ

あぁ ごめんなさいね
ついてはゆけない
形をかえた痛み ふたたび手に入れるだけ

花瓶の花がしおれそうで 気にかかるの
孤独で 水に挿(さす)すことさえ忘れていた
こうしてひとり 肩を抱いて
夢をみるわ


中森明菜の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
サウダージ
やさしくなりたい
WHITE BREATH
残酷な天使のテーゼ
限界LOVERS
謝肉祭
ステキな恋の忘れ方
もうひとつの土曜日
One more time, One more chance
たしかなこと
水に挿した花/中森明菜の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ