越後獅子の唄 - 大江裕の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

越後獅子の唄-大江裕
Jword 大江裕
公式サイト

越後獅子の唄

 ♪ 

大江裕

作詞 : 西条八十
作曲 : 万城目正

笛にうかれて 逆立ちすれば
山が見えます ふるさとの
わたしゃ孤児(みなしご) 街道ぐらし
ながれながれの 越後獅子

今日も今日とて 親方さんに
芸がまずいと 叱られて
撥(ばち)でぶたれて 空見あげれば
泣いているよな 昼の月

打つや太鼓の 音さえ悲し
雁が啼(な)く啼く 城下町
暮れて恋しい 宿屋の灯
遠く眺めて ひと踊り

ところ変われど 変らぬものは
人の情の 袖時雨(しぐれ)
ぬれて涙で おさらばさらば
花に消えゆく 旅の獅子(しし)


ミニ情報
アルバム「演歌大将・大江裕〜日本列島歌飛脚 I〜」収録曲
大江裕の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
御免なすって
赤城恋しや
千年桜
おんなの嘘
おんなの花道
みかんの故郷
日本列島たずね旅
ふる里は いま…
今しばし
ニッポン道中いただきます
越後獅子の唄/大江裕の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ