神様の椅子 - tacicaの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

神様の椅子-tacica
Jword tacica
公式サイト
神様の椅子  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

神様は知らない
僕が泣いた事と
「きっと、大丈夫」と強がった事を

絵の具が溢れて
この世界の色は
その椅子からは
何色に見えるだろう

手と手は
汚し合いを
でも 未だ きっとアナタは

自由にも不自由にも
呼ばれない この血は
その椅子からは
何色に見えるだろう

手と手は
汚し合いを
でも 未だ ではアナタは

聞こえて来たモノの全部
噛み砕ける程 大人でしょうか?
食べ残したモノは全部
忘れられる程 子供でしょうか?

絵の具か溢れた
この世界の色は
どの椅子からも
同じ様に見えるんだよ

手と手は
汚し合うよ
でも 未だ ではアナタが

見蕩れていたモノは
いつか諦めた内の一つでしょうか?
待ち焦がれたモノも
今夜 諦める頃 一人でしょうか?

誰も見えないモノも
アナタだけは取って触れる
そんな事も見えない僕を
アナタだけがきっと触れる様な

でも 未だ 未だ
物語を

見蕩れていた者が
どんな色に塗れても誇りでしょうか?

聞こえて来たモノの全部
噛み砕ける迄 子供でしょうか?
食べ残したモノを全部
思い出せる頃 大人でしょうか?


tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夜明け前
Butterfly Lock
咆哮の詩
ヒカリトカゲ
フラクタル
acaci-a
ONE
サイロ
NWM
510
神様の椅子/tacicaの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ