紅茶 - 坂本真綾の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

坂本真綾
公式サイト
紅茶  ♪  坂本真綾
作詞 : 坂本真綾
作曲 : 菅野よう子

恋の終わりを告げる時計台が 次の時間を待ってる
止まれない 今

地下鉄の入り口にある桜が今年も咲くから
私たちまたひとつ年をとるね
春は近付いた

永遠の印に
流星が来る夜を待って願いをかけたあの日のふたり

ずっと変わらないよと抱きしめては
何もかも手に入れたと思っていたよ
この手に残るものはたったひとつ
君は私の最初の恋人だった

自転車でどこまででも行けるような そんな気がしてた
寒い日に道ばたで飲んだ紅茶の味も覚えてる

寂しいわけじゃない
自分で選んだはずなのに
どうしようもなく泣きたくなるよ

この先の未来には何があるの
もっと辛い別れはあといくつあるの
恋の終わりを告げる時計台が 次の時間を待ってる
止まれない 今

どこへも行かないよと抱きしめては
何もかも手に入れたと思っていたよ
この手に残るものはたったひとつ
君は私の最初の恋人だった


ミニ情報
アルバム「Lucy」収録曲
アルバム「everywhere」収録曲
坂本真綾の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
紅茶/坂本真綾の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ