指先 - aikoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

指先-aiko
Jword aiko
公式サイト
指先  ♪  aiko
作詞 : AIKO
作曲 : AIKO

時が過ぎる音を忘れるまで 寄り添って過ごした日々
あなたといる事が特別でなくなっても 誰にも触れさせたくなかった

ガラスの箱の中 今あたしが叫んでる
声をなくして 息が止まりそう

どうして最後の日もあたしにキスをするの?
これ以上ここに何をあなたは置いてくと言うの

繰り返す事で知る あなたの好きな所 同じ様にあたしにもあった?

あなたはこんなにも胸が痛くなる位
また新しく誰かを想うの?

どうして悲しみだけがあたしを包んでいるの?
誰よりもただ苦しいと 思ってしまうあたしが嫌いよ

靴紐が見えない ちゃんと見えない
だけど結んで ちゃんと結んで
ガラスの箱の中 今あたしが叫んでる
一度目を閉じて階段を蹴って

明日は風が吹いて少しは涼しくなるだろう
優しく冷えた指先 間違いなんて何処にもなかった


ミニ情報
アルバム「BABY」収録曲
aikoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
恋をしたのは
夏バテ
微熱
何時何分
冷凍便
信号
愛だけは
好き嫌い
かけらの心
大切な今
指先/aikoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ