ふたり花 川中美幸 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

川中美幸
公式サイト
ふたり花  ♪  川中美幸
作詞 : たかたかし
作曲 : 弦哲也

かわす目と目で 話ができる
それが夫婦(めおと)と いうけれど
暗い夜道を 手をとりあって
越えたなみだの 水溜まり
ありがとう…
おまえは 俺の おれの恋女房

好きと好きとが 六畳一間
明日(あす)を夢見て 生きてたね
苦労ばっかり おまえにかけて
折れて消えそな うすい肩
ごめんな…
おまえは 俺の おれの命だよ

長い歳月(としつき) いろいろあって
やっとふたりに 陽がさした
おまえいたから 歩いてこれた
今度うまれて 来るときも
一緒だよ…
おまえは 俺の おれの恋女房


川中美幸の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
川中美幸「ふたり花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ