薫 - SuGの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SuG
公式サイト
 ♪  SuG
作詞 : 武瑠
作曲 : yuji

君の髪がたなびく 赤く染めた白の記憶がまた蘇る

冷たく佇むは最愛の輪郭(かたち)
儚く揺れるのは極彩の花束

落日と 君ノ薫りが絶え絶えに 僕を 狂わせる

深く沈んでゆく もう笑わぬ躯を そう 強く 強く 抱きしめたら
この世の終わりに 僕はまた 愛を唄う

鮮やかなまま眠る君の傍
憮然と脈打つは薄弱な命で

「君だけはあたしの分まで、、、。」 果たせない約束“為生き”

深く沈んでゆく もう愛せぬ躯よ
嗚呼 何故に 君を奪い去るの? ただ繋ぐため 唯一の 愛を叫ぶんだ。

季節はすぎ腐食してゆく君 もう巡らぬ運命ならば もういっそ、、、。

深く沈んでゆく もう笑わぬ躯を そう 強く 強く 抱きしめたら

「あとすこし」

届かぬ想いならば 何を想い生きよう?
ごめんね約束を破るよ 寂しくなんかない
今すぐに逢いにゆくから。


ミニ情報
アルバム「TOKYO MUZiCAL HOTEL」収録曲
SuGの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
薫/SuGの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ