ただ僕がかわった 福山雅治 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

福山雅治
公式サイト
ただ僕がかわった  ♪  福山雅治
作詞 : 福山雅治
作曲 : 後藤次利

週末はいつも忙しさを くぐり抜けて会っていたね
遅れて手を振り駆け寄る君 見つめながら好きだと思う

ただ僕がかわった 誰にも言わず
決めた願い果たすため 走り出そうと

この場所にとどまれずに 選んだ道が
2人の間遠ざけて行く それは本当さ
だけどこの胸の中に 燃やし尽したい
想いがあるよ たとえその時 一瞬の光でも

石畳の道歩きながら 君の手を握りしめてる
丘の上にある公園まで ふざけあった坂道登る

そこで君は 僕の心探して
そして僕は 未来への地図を探してた

もしもずっとこのままで 一緒にいれたら
それがいちばんいいことだよね わかっているよね
だけどとめられないんだ 本当の気持ちは
今日ですべてを終りにしよう 今日からすべてが始まる

セピア色に変わる 日記のページ
めくりながら 誰もが大人になっていく

もしもずっとこのままで 一緒にいれたら
それがいちばんいいことだよね わかっているよね
だけど出会えてよかった そう思える“今”
あの日笑った古い映画の“ラストシーン”目に浮かぶ


ミニ情報
アルバム「MAGNUM COLLECTION 1999“Dear”」収録曲
福山雅治の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
福山雅治「ただ僕がかわった」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ