砂時計 - アイドリング!!!の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

アイドリング!!!
公式サイト
砂時計  ♪  アイドリング!!!
作詞 : Kana
作曲 : 則行大将

独り 冬の空見あげてた
そっと 星が 流れ消えてく

いつだって 今日だけが 明日(あす)を変えると信じてた
輝いた 笑顔さえ 今のボクに届かない

掴みかけてた 夢のかけらたち 掌の上を 零れ落ちてゆく
キミがつぶやいた ガンバレって言葉 繰り返すたびに 涙あふれてる

歩いて ゆくしか ないから

わかれをつげる 昨日のボクに
めぐりあうんだ 未来のボクと
前をむいたら 見えるのだから
迷うコトない 星が

壊れそうなときも 支えてくれてた あの日のキモチが ココロ満たしてく
キミのプレゼント 砂時計の中で 夢のかけらたち ずっと輝いて

零れ落ちる砂 終わりを告げても さかさまにすれば 時は流れてく
もうくじけないよ 乗り越えてゆける 何度転んでも 歩き出してみるの

周りばかり見て 常に比べてる 弱虫なヒトが 輝きはしない
キミがつぶやいた ガンバレって言葉 思い出すたびに 力あふれてく

流れてく星が きづかせてくれた 一人じゃないんだ これからもずっと
不器用だけれど キミと描いてく 今日からはじまる 新しいstory

キョウカラ ハジマル…


ミニ情報
アルバム「SUNRISE」収録曲
アイドリング!!!の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
砂時計/アイドリング!!!の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ