爪の先まであなただった 矢島美容室(Margaret 'Camellia' Yajima) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

爪の先まであなただった  ♪  矢島美容室(Margaret 'Camellia' Yajima)
作詞 : エンドウサツオ
作曲 : DJ OZMA

雨音 目を覚まして
ひとりで 微笑んだの
ベッドの 左端
眠るクセ ぬけない

信じて くれるかしら
少しは 笑えるのよ
だからね 大丈夫
ひとりでも 平気

もしもう一度あの日が 今日だとしても
再び あなたを愛するでしょう

うらむため 別れれば
愛した 意味さえ 色あせてゆく

爪の先まで あなただった
for you

例えば どこかの町
偶然 出会ったって
キレイで いれるよう
今やっと 思う

あなたが 好きといった
ローズの オーデコロン
あれから 減らぬまま
指先で 香る

幸せと思う事は 難しくない
周りの すべてを愛すればいい

別の人 出来たなら
今度は 壊さないで

毎日見上げてくれた 窓その朝も
あなたは 振り向いてくれたかしら

変わらない 永遠を
信じれたことを 誇れるから

爪の先まで あなたでした
thank you


ミニ情報
アルバム「おかゆいところはございませんか?」収録曲
矢島美容室(Margaret 'Camellia' Yajima)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
矢島美容室(Margaret 'Camellia' Yajima)「爪の先まであなただった」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ