雪 松原健之 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

 ♪  松原健之
作詞 : 岡本おさみ
作曲 : 国安修次

雪が降る 立ち話してるだけで 雪が積もる ふたりの傘に
あなたは明日行ってしまう 夜汽車に乗って行ってしまう
ストーブの温かい部屋で 抱き合って泣いたとき
わたしの胸に頬をあてて 雪みたいに白いねってあなたは言った
雪国の娘だから 遅い春を 遅い春を
じっと待つけれど 帰ってきてくれますか

雪が舞う 風 狂うように乱れ 想いはつのるわたしの心に
静かに暮らし淋しく暮らし 目立たないまま過ごしたけれど
あんなに激しく求めて 愛し合い取り乱して
あなたの名を呼んでみたら 激しいひとだねってあなたは言った
雪国の娘だから 遠い春も 遠い春も
じっと待つけれど 迎えに来てくれますか

雪国の娘だから 遠い春も 遠い春も
じっと待つけれど 抱きしめてくれますか

雪が降る 雪が舞う
雪が降る 雪が舞う

雪が降る 雪が舞う
雪が降る 雪が舞う…


松原健之の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
松原健之「雪」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ