烈火 - Kraの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Kra
公式サイト
烈火  ♪  Kra
作詞 : 景夕
作曲 : 結良

蒼い空が時にその色彩を増して裏切るように 帰り道を雨で隠した
いつも種を植えて僕の帰りを待つ君はその花がまだ咲くと信じている

行く先さえ告げず光のさす扉の向こう側へ歩き出した

唄が導く森のざわめきが激しく魂を揺さぶる

烈火に焼かれた痛みを押し殺して走る 小さな命を燃やしながら
咆哮に絡み付く赤い炎 仰いだ空を滑空してゆく影を追う

頬を伝う雨が隠した弱さは帰すれば望む強さに変わる

唄が導く森のざわめきが激しく魂を揺さぶる

烈火に抱かれた空が怯えている まだ震える指を押さえつけて
虚空から見下したその眼光を 強く軋む弓で閉ざされた明日を射抜く

すべてを捨てる事もできずに時だけがただ移ろいゆくけれど
遥かを映すこの目にもう一度あの花の姿を映したい

烈火に抱かれた空が崩れていく まだ絶えぬ痛みを流しながら
咆哮に震えだす空気を裂く 烈火に焼かれた心を宿し
諦めを振りほどき前を睨む 強く軋む弓で閉ざされた明日を射抜く


ミニ情報
アルバム「Twinkle star BEST 2006-2009」収録曲
Kraの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
烈火/Kraの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ