七色 - 清浦夏実の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 清浦夏実
公式サイト
七色  ♪  清浦夏実
作詞 : 矢吹香那
作曲 : 矢吹香那

白いため息を吸い込んで 桃色に変える
君の歩くスピードゆっくりと今日も心地よく

オレンジの夕陽は落ち 街はリズムを変えて語り出す
インディゴが包む夜と遠ざかる水色の月
愛しくて愛しくて…

終わらないでとただ願って そっと目を閉じるよ
七色に光る君の恋を側で感じてたい

淡色の歌を口ずさみ 今日のこと話す
黒い陰落とした街角も銀色に変わる

駆け足で急ぐ人を横切る青い羽虫 つかまえて
魔法かかったみたいに 金色の粉が降る夜
果てしない夢を見るの

変わらないでとただ願って そっと寄り添い合う
七色に描く私の恋 ずっと見つめていて

変わらないでとただ願って そっと寄り添い合う
七色に光るふたりの恋 虹を描くように…


ミニ情報
アルバム「十九色」収録曲
清浦夏実の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ホログラム
月の裏側
十九色
旅の途中
アノネデモネ
銀色の悲しみ
パレット
風さがし
Midnight Love Call
すぐそこにみえるもの
七色/清浦夏実の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ