Heaven Can Wait - CHEMISTRYの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Heaven Can Wait-CHEMISTRY
Jword CHEMISTRY
公式サイト

Heaven Can Wait

 ♪ 

CHEMISTRY

作詞 : 相田毅
作曲 : 江上浩太郎

遠くなっていく ふたり過ごしたあの季節が
淡い幻の向こう 僕は 夢を見ていたのか
君は朝の中 ベッドで寝息 まどろんでる
同じ 風景なのに 少し何か違う

そっと 触れる指先 けれど向こうへ すり抜けるよ
見つめても 気づかないね もう
君の前には 僕はいない

ふたりが重ねた時間は あまりに短すぎたから
もう届かない そのぬくもり だけど
心に 僕は消えない
ひとりで歩き出す君を 見守る 僕は永遠に
時が終わり 始まるものが
真実の永久だと ここで知ったよ

小さく微笑んだ 君の横顔
優しく 口づけ 抱きよせたい
けれど それは叶わない

ふたりが重ねた月日は あまりに短すぎたけど
見えなくても そばにいたい ずっと
いつでも 心にいるよ
ひとりで歩き出す君を 見守る 僕は永遠に
君の瞳 わずかだけでも
僕の愛に揺れて 振り向く日まで

You're Here In My Heart & Mind
So Long As Heaven Can Wait

You're Here In My Heart & Mind
So Long As Heaven Can Wait


ミニ情報
アルバム「regeneration」収録曲
CHEMISTRYの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Trinity
NONONO
Dreamy Life
sub-way
STOP
HERO
Lucid dream
Failure
Believe
She knows why
Heaven Can Wait/CHEMISTRYの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ