夕焼けがしっている - キノコホテルの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

キノコホテル
公式サイト
夕焼けがしっている  ♪  キノコホテル
作詞 : マリアンヌ東雲
作曲 : マリアンヌ東雲

独りで海をみていたら 波間に漂う小舟を見つけたの
風にまかせて 何処にたどり着くかも判らない
まるで あたしのような ちっぽけな存在。

赤い花が散ればそれが合図なの 短すぎた 春の終わりだと
通り雨が夏を連れて来るころ 忘れてしまうだろう あなたのことも

灼けつく太陽は かりそめの輝き
答えはわからない 夕焼けがしっている

赤い酒を流し髪をほどいたら 甘い闇が包んでくれる
生きてゆける あなたなど居なくても
今宵の風のように たをやかに

赤く燃えて燃えて燃えてゆらめいて 消えるならば それもかまわない
生きてゆける あなたなど居なくても
今宵の風のように たをやかに


ミニ情報
アルバム「マリアンヌの憂鬱」収録曲
キノコホテルの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夕焼けがしっている/キノコホテルの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ