書きかけのDestiny 茅原実里 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

茅原実里
公式サイト
書きかけのDestiny  ♪  茅原実里
作詞 : こだまさおり
作曲 : 齋藤真也

ささやかな結末のあと 広がっていた眩暈の森
実体のない感傷は 何に向かってわたしを動かす?

浮遊してく夢たち 愛を浴びた明日へ
幻想の狭間を抜けて リアルへと

高鳴りが追いつく憧れが わたしの中でチカラになる
その先を絶えず照らしながら 未来形の今、掴みたいの
書きかけのDestiny

わたしをカタチ作るのは いつだって強い願いだから
世界に受け身なつもりで きっと何かを引き寄せていたね

時を泳ぐ希望と たおやかに美しく
偶然も必然もただ あるがまま

完全な円を目指しながら 自由自在に愛を生きる
そんな自分でいれますように 次の展開が魅せるシンパシー
誰も知らないの

浮遊してる夢たち 透き通る朝焼けに
思い思いの行き先を 手に入れて

高鳴りが追いつく憧れが また新しいチカラになる
その先を絶えず照らしながら 未来形の今、掴んでいく
書きかけのDestiny


ミニ情報
アルバム「Sing All Love」収録曲
茅原実里の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
茅原実里「書きかけのDestiny」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ