おいしいパン食べたい 藍坊主 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

藍坊主
公式サイト
おいしいパン食べたい  ♪  藍坊主
作詞 : 佐々木健太
作曲 : 佐々木健太

雨が降ったら、コーヒーを飲もう、
仄青い鼻先を揺らして。
風が吹いたら、こんがりしてて、
網戸越しのパン屋を眺める。

しかし、まいっちゃったな、
さっきから何かが変で。
こんなに穏やかな朝なのに。

でも涙がこぼれたその瞬間、
やっぱり胸は苦しくなって、
淋しさだけが僕を越えてゆく。
本当は全部わかっているくせに、
見つめたら見えなくなっちゃうから、
僕は元気なんです、
あなたはもういないけれど。

見つめあったら、ぽっかり下へ、
潜って行ける、窒息するくらい。
だから前を向いて歩こう、
バターのような嘘を塗ってでも。

しかしね、毎日は太陽のように無邪気で、
気づいたら、
すっかり溶かされてたりしてね。

そして涙がこぼれたその瞬間、
やっぱり胸は鋭くなって、
破ってゆくよ、隠したものを全部。
でも涙がこぼれたそのあとには、
やっぱり胸は元気になって 、
色んな物事が新しくなってく。
だから余計に悲しくなるんです、
この涙が抱えた愛しさも、
あなたの感触や、空気感も、
きっといつかは薄れてしまうのでしょう?
こんな苦しいのに。
なぜ、なぜ、なぜ、なぜ。

忘れたくないから、
まだ見つめたくない。
おいしいパン食べたい、
泣く前に戻りたい。


ミニ情報
アルバム「ミズカネ」収録曲
藍坊主の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
藍坊主「おいしいパン食べたい」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ