映写機が映す空 彩冷える 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

映写機が映す空  ♪  彩冷える
作詞 : 葵
作曲 : 夢人

カタカタ音立て 映し出す映写機
幸せだった日々 眺めていた

木漏れ日にあなたの 温もりを感じながら
追憶に もたれ掛かり 時を止めたまま

愛してるも サヨナラも まだ聞いていないから
忘れること なんてできない
「必ず帰ってくる」と 抱きしめてくれたよね
涙堪え ただ頷いた

カタカタ震わす 窓を叩く風
遠くで 降り出した 鉄の雨

飛び出して見上げると 天駆ける戦闘機が
夏の夜あなたと観た 花火のように散った

時代のうねりに はぐれた 優しいあなたの手は
どこで誰の 明日を奪うの
自分のためにあなたは 他人(ひと)傷つけられるほど
弱い人じゃないから 怖い

嘘が嫌いなあなたを 嘘つきにしたくない
だからずっと 待ち続ける
シワの増えた手のひらで 今日も回す映写機
涙溢れ 何も見えない


ミニ情報
アルバム「彩-irodori-」収録曲
彩冷えるの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
彩冷える「映写機が映す空」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ