合鍵 - GENERAL HEAD MOUNTAINの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

合鍵  ♪  GENERAL HEAD MOUNTAIN
作詞 : 松尾昭彦
作曲 : 松尾昭彦

動き出す街に隠れて
他愛も無い会話を歌えば
両手を叩きながら広がる景色が
色を残して弾けて消える

僕に足りない感覚は 眠い目を擦る少女達が
いつまでも交わらず擦れ違いを笑う
会釈の様な浅い繋がりだった

それは言葉にも続く
くすむ朝日を言い訳に
両目を伏せたのなら あの日に問う
傷跡に約束は悲し過ぎるだろう

遠くまで 遠くまで 歩いて来た事を思えば
いつまでも届かない君に手を伸ばした夜も
溜息色の花が咲いた夢も
いつも僕で 僕だったのか

それは鍵穴にも続く
作り損ねた合鍵は
手探りで引き寄せる あの日の事
誰を失って 気が付いて 繋がって行く

遠くまで 遠くまで 歩いて来た事を思えば
いつまでも聞こえない声に待たされた春も
何度も読み返した手紙の訳も
足跡さえ忘れて行く

曖昧に繰り返す まだらな世界を思えば
いつかまた逢えそうで逢えない事を悟った朝も
気紛れな体温に溺れた歌も
いつも僕で それも僕で
そうだ それが僕だったんだ


ミニ情報
アルバム「深まる日々に、微笑みを。」収録曲
GENERAL HEAD MOUNTAINの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
合鍵/GENERAL HEAD MOUNTAINの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ