北の港駅 田川寿美 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

田川寿美
公式サイト
北の港駅  ♪  田川寿美
作詞 : 悠木圭子
作曲 : 鈴木淳

好きだから離れても 必ず帰るよと
ふるえる私を 抱きしめた
何もかも捨てゝ貴方の後から追いかけて
行けばよかった 最終列車
涙まじりの 雪が舞う

恋しくて今日も又 貴方の夢を見て
あふれる涙で 夜が明ける
傍にいるようで貴方のぬくもり探してる
肌を刺すように吹雪が鳴いて
凍りつきます 北国の冬

馬鹿ですか 馬鹿ですね 貴方を待っている
しんしん降る雪 北の駅
忘れられないの 貴方と過ごした愛の日を
固い契りで 結ばれたのに
二度と逢う日は ないのでしょうか


田川寿美「北の港駅」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
田川寿美の人気曲 この歌手の人気曲一覧

愛情行進曲♪広い世界で わたしだけ
雪が降る♪夏に旅した 海の町 今日はひとりの
北の港駅♪好きだから離れても 必ず帰るよと
冬の日本海♪北の海は荒れて波の 飛沫(しぶき)が頬を打つ
花になれ〜うめ さくら あやめ あじさい ひがんばな〜♪夢見て生きた はたちのように
誰も泣きたい時代だね♪ひとり飲む酒 身を知る酒よ
女の舟唄♪うねる荒波 身をあずけ
ここは港町♪裾(すそ)をはねあげて
雑草の泪♪道に咲いてる 名もない花にも
雨の連絡船♪二日遅れて 船に乗る 思い切れない

田川寿美の新曲 この歌手の新曲一覧

女の舟唄♪うねる荒波 身をあずけ
花冷えのとき♪幸せな 素振りをしても
霧笛♪連れて行ってと 云えないまゝで
冬の日本海♪北の海は荒れて波の 飛沫(しぶき)が頬を打つ
北の港駅♪好きだから離れても 必ず帰るよと
愛情行進曲♪広い世界で わたしだけ
誰も泣きたい時代だね♪ひとり飲む酒 身を知る酒よ
雪が降る♪夏に旅した 海の町 今日はひとりの
雨の連絡船♪二日遅れて 船に乗る 思い切れない
雑草の泪♪道に咲いてる 名もない花にも

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ