Celestial Blue - 少女病の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Celestial Blue  ♪  少女病
作詞 : 少女病
作曲 : ピクセルビー

「目覚めたのは、白雨の降りしきる小高い丘。
辺りに人影はなく、ただ唇に暖かな温もりだけが残されていて。
僕はどうしてここにいるのだろう。
やっと会えたのに、一緒に帰ろうって伝えることもできず。
ここで何があったのだろう。
シスは、別れ際に耳元で何事か囁いていた。
けれどそれがどうしても、思いだせなくて―――」

初めて出会った その瞬間から
想いは決まっていたのかな?
幸せって言葉の象徴は
疑う余地なく、キミの存在だった

色んなことが変わってしまって
二人離れてしまったけれど
まだ変わらないモノも 確かにあるはずだから

出会わなければ なんて 後悔した夜もあった
蒼白の空は遠すぎて いつまでも 届かない気がして

忘れられたら なんて 思い悩む時もあった
けれど奥底に包まれた 想いに嘘はつけない...

濡れているのは瞳だけじゃなくて
小粒の白雨は全て洗い落とすように いつからだろう
降りつづけてた

「二人の思い出を消し去ろう。
あたしという存在に囚われることなどなく、
全て忘れて幸せに生きられるように。
二人はここで別れ、もう二度と出会うことはない」

「囁かれたのは、そんな悲しい魔法。
魔女と下僕は倒れ伏す少年を置き、静かにその場を後にした」

ぼやけた思考は 痛み残し

鮮明に切り開かれた
蒼ざめた魔女の優しい魔法は
かかることはなく、言葉だけが残された

たとえば、誰もが幸せになれる
結末なんて望めなくても
キミの心だけが ねぇ、泣いて終わるなんて...

昔みたいに なんて 簡単には言えないけれど
蒼白のキミに伝えたい いつまでも 忘れたりしないって

白雨に霞む 空が ただ切なく思えるのは
寂しい風景その下の どこかにキミがいるから...

「ありがとうなんて感情が、まだあたしにもあったんだ。
でも、これで本当のさよならにしよう……?ね」

傷つき 傷つけ 遠ざけて
なぜ...? シスフェリア
誓った未来は今でも
褪せることはなく この胸にあるよ...

「少年にかけられた小さな魔法。
シスフェリアとの思い出が消えてしまうこと。
幸せに生きられるように、ということ。
その二つの魔法は相反し、
少年の中で両立することは不可能だった。
彼女との記憶を忘れてしまうことは、
少年にとって何一つ幸せなんかじゃなくて。
魔法はその想いの強さに掻き消され、無効化されていた。
少年は、再び旅路をゆく。
次会えたときは、今度は自分から再会の口づけをするのだと、
心に誓って……」

「蒼白の果て。
それがどんなに遠くても、いつかきっと―――」


少女病の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
unleash
climactic cry
紅蓮に穢れしモノ
Refulgence
深紅のエヴェイユ
十三月の不確定なドール
偽物の夜に誓え反逆者
未完幻想トロイメライ
黒衣の放浪者
recollection
Celestial Blue/少女病の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ