悲想橋 - アンティック-珈琲店-の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

悲想橋-アンティック-珈琲店-
Jword アンティック-珈琲店-
公式サイト
悲想橋  ♪  アンティック-珈琲店-
作詞 : みく
作曲 : アンカフェ

君がくれた思い出たちと、沢山の愛を
僕は知らずそっと溝川に続けていた

ステージの上からいつも見える君の顔は、
悲しそうな顔で満ち溢れていた
ライブ後の帰り道、君はいつものように、
「良かったよ」の一言を悲しそうに言った

知ってた、貴方が、悲しみ泣いてた夜を
楽しくて、貴方を、僕はもて遊んでいた

僕があげた思い出たちと、偽りの愛を
君は知らずずっと踊らされて信じ続けていた

ステージの上からいつも見える君の顔は、
悲しそうな顔で満ち溢れていた
ライブ後の帰り道、君はいつものように、
「良かったよ」の一言を悲しそうに言った

さよなら来る時、なぜか泣いてた僕は
悲しくて、貴方を、僕は抱きしめ続けた

不安と、孤独さを胸に抱いて生きる僕に
勇気と、希望をくれたのは貴方でした

僕があげた思い出たちと、偽りの愛を
君は知らずずっと踊らされて信じ続けていた
君がくれた思い出たちと、沢山の愛を
今、思い出すと胸が苦しいの何故でしょう…


ミニ情報
アルバム「アンティック-珈琲店-」収録曲
アンティック-珈琲店-の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Spring Snow
JUMBO
涙より重いWAR
似た者同士
恋するサンタクロース
ラフ・ソング
生きるための3秒ルール
熱くなれ
JIBUN
We Can Do It!
悲想橋/アンティック-珈琲店-の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ