KAMITSU RUSHMORE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

RUSHMORE
公式サイト
KAMITSU  ♪  RUSHMORE
作詞 : 五十嵐充
作曲 : 五十嵐充

抱き締めて 彷徨う心に
接吻(キス)をして 蕩けるくらい
月の明かりと 激しく揺れる影

艶やかな 朱(あか)い口唇が
ふしだらに 僕を惑わす
思わせぶりな 香りに酔いしれて

誰にも 許されなくていい
ふたつの想いが 引き裂かれるまで

狂おしく したたかに 汚して欲しい
花蜜の中に 深く深く 墜ちるように
乱れ咲く その声で 満たして欲しい
白い蕾に いつの間にか
吸い込まれて 今夜も眠る

囁いて そっと耳元で
粉々に 僕を壊して
哀しいくらい 無慈悲な夜だから

つかの間の 愛でもいいから
少しだけ 夢を見させて
絡めた指に 重ねあわす時間

あなたと 崩れ落ちるなら
寂しい出会いに この身を捧げて

サヨナラが 言えなくて 見えない明日も
あなたの海で 深く深く 包まれたい
からだ中 その愛で 満たして欲しい
白いシーツに 溺れながら
疲れ果てて 今夜も眠る

誰にも 許されなくていい
ふたつの想いが 引き裂かれるまで

狂おしく したたかに 汚して欲しい
花蜜の中に 深く深く 墜ちるように
乱れ咲く その声で 満たして欲しい
白いシーツに 溺れながら
背中合わせ 今夜も眠る


ミニ情報
アルバム「REASON OF FOUR SEASONS」収録曲
RUSHMOREの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
RUSHMORE「KAMITSU」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ