宿り木 柴田淳 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

柴田淳
公式サイト
宿り木  ♪  柴田淳
作詞 : 柴田淳
作曲 : 柴田淳

憂い帯びたまま 絡み付いた
長い髪はまだ 誰かの色

夢から覚めて 幻から醒めて
私はいつから
ゆらゆらと揺れて 蔓を伸ばしていた
どこかへ

飲み込むほど 誰かを愛していたの
引き千切られた手は
私の体ごと 枯らしていった
再び芽吹く その日まで

何度目覚めても 悲しい朝
これが確かに 私の今

抱きしめてるように 首絞めているように
誰かの面影 ゆらゆらと浮かべ
傷は塞がずに 残した

飲み込むほど 誰かを愛していたの
振り払われた手は
想うことさえ 許してくれない
再び宿れる その時まで

飲み込むほど あなたを愛していたの
引き千切られた心は
私の体ごと 奪っていった
再び芽吹く その日まで

再び芽吹く その日まで


ミニ情報
アルバム「ゴーストライター」収録曲
iTunes
柴田淳「宿り木」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
柴田淳の人気曲 この歌手の人気曲一覧

迷い道♪現在・過去・未来 あの人に逢ったなら
両片想い♪もう出逢いなんて 訪れないと
あなたの手♪大きなあなたの手が 私の手を包み込んで
あなた♪もしも私が家を建てたなら
車窓♪きっとこの歌は 届かないまま消えていく
おかえりなさい。♪あなたを待つこの部屋で
♪枕を抱え泣いた日々は
あなたとの日々♪夢見せてくれた あなたは今もここにいて
愛をする人♪私のこと 愛せないなら
♪旅は続いてゆく 心構いなしに

柴田淳の新曲 この歌手の新曲一覧

理由♪いつまでも甘えてる子供みたい
両片想い♪もう出逢いなんて 訪れないと
♪擲り書きで綴った想い出は
手のひらサイズ♪頼もしくて 男らしくて
嫌いな女♪可愛くないって 言っていても
容疑者ギタリスト 〜拝啓、王子様☆第四話〜♪それは白昼に起きた アパートの一室で
誰にも言わない♪哀しい歌 聴こえてきたら
いくじなし♪今夜も 待ちくたびれて
バースデー♪もうすぐ訪れる その時
♪枕を抱え泣いた日々は

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ