大都会 九州男 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

九州男
公式サイト
大都会  ♪  九州男
作詞 : 九州男
作曲 : 九州男

すがすがしいはずの朝も何故か妙に冷たくて
窓枠にはまった見慣れた景色を眺める
意味もなく鳴り響いた目覚ましを止めて
重いリュックを担ぎ階段を降りる
机の上には「頑張りなさい」と一言
俺は小さく「行ってきます」と一言つぶやく
決意と共に靴ひもを結び扉を開け
夢や希望のまばゆい中へ俺は消えて行ったのさ

車のクラクション、オーロラビジョンの画像、大勢の人ゴミの雑音の中
大切に持ってきた灯が消えぬよう抱きしめていた
ここは何もかも絡む糸 きっと俺もここではただの人だから
あの時に誓った灯が消えぬよう抱きしめていた
目の前にある現実は連日冷たく俺をあしらってく
でも綴られた鉛筆で元気づけてくれたのは実家からの手紙
こんなはずじゃなかったのに しがみついてた理想の背中に
薄暗い部屋にたたずむ一人 ここは夢みた大都会の片隅

たどり着いたこの世界に隠れた愛はないのかい?
のけものにされてるくらい映る景色は愛想無い
もう振り返っても戻れない
ほんの少しのバイト代握りしめて何を見つめる大都会
本当の俺はここにはいない

PASMOを手にし いつもの通勤電車に駆け込み 流れてく見慣れた景色の中
窓に映った自分の顔を長い間眺めていた
電車を降りて ホームへ 人ごみの中目線を落として流れに身をまかせ歩く中
ずっと抱きしめてた灯はもうすでに消えていた
部屋中には散乱する缶ビールの空き缶 日々酔いつぶれてく
ポストの中は封も開けられてない沢山の実家からの手紙
何故ここにいるのかなんて もうどうでもよくなってた
あの頃の俺が「思い出せ」と掴みかかってきた手を強く振りほどいた

立ちつくしたどれくらい この先に何かあるのかい?
望みも持たせないくらい映る景色は愛想無い
もう振り返っても戻れない
星ひとつとない夜空を見上げて何を想ってた大都会
本当の俺はここにはいない

ばからしい夢抱いた頃がまるで夢みたいさ
あの扉を開いた瞬間に今手を伸ばした
過ちの様なしがない日々 だけど人生は正解しかない道
だからさよならするよ これが俺が選んだ正解さ

前略、お久しぶりです。
俺は元気です。
返事しなくてごめん。
あれから5年くらいたったよね。
俺、軌道に乗り始めて順調です。
だから何も心配しないで。
健康には気をつけて。
また手紙書きます。

たどり着いたこの世界に本当に愛はないのかい?
涙ににじんでる視界に映る景色は愛想無い
もうふり出しには戻れない ゆっくり瞼を閉じて
全てに告げるさよなら大都会 本当の俺はどこにもいない

すがすがしいはずの朝も何故か妙に冷たくて
窓枠にはまった見慣れた景色を眺める
意味もなく鳴り響いた目覚ましを止めて
重いリュックを担ぎ階段を降りる
机の上には「頑張りなさい」と一言
俺は小さく「行ってきます」と一言つぶやく
決意と共に靴ひもを結び扉を開け
夢や希望のまばゆい中へ俺は消えて行ったのさ


ミニ情報
アルバム「(R)」収録曲
九州男の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
九州男「大都会」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ