振り向けば自転車屋 - とんねるず(木梨憲武)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

振り向けば自転車屋

 ♪ 

とんねるず(木梨憲武)

作詞 : 秋元康
作曲 : 見岳章

青い空に 流れる雲は
通りすぎた季節の
忘れものみたいだね

長い髪を束ねた君が
眩しすぎると泣いた
あの夏が近づいた

愛の意味さえ わからなくて
もどかしさに 傷つけ合った2人

振り向けば 自転車屋
サドルの汗を 覚えてるかい?
振り向けば 自転車屋
朝が来るまで パンク修理した
マルキン自転車 ホイのホイのホイ

僕のキスは いつでも少し
機械油のような
味がすると言ってた

青春時代の 青い嘘を
わかっていたはずだったのに 2人

もういちど 自転車屋
チェーンに指をはさんだりして
もういちど 自転車屋
ギアをはずして 大笑いしたね
マルキン自転車 ホイのホイのホイ

家業ついでも いいわなんて
愛しい君は ただで空気入れてあげる


とんねるず(木梨憲武)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
MIRACLE
映画みたいな恋したい
don't cry strawberry
ピンクのボンバー
アイドルみたいに歌わせて
YAZIMA魂 ―おかゆいところはございませんか―
mamaに絶対恋してる
イチゴ ツブツブ ROCK'N'ROLL
ナオミの夢
爪の先まであなただった
振り向けば自転車屋/とんねるず(木梨憲武)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ