18金の夜 - とんねるずの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

とんねるず
公式サイト
18金の夜  ♪  とんねるず
作詞 : 秋元康
作曲 : 見岳章

誰もいない街角
ガス灯に流れる霧
見つめ合う その瞳
今夜だけ 恋人で

石畳 蒼い影が
少しずつ 傾いて
18金 18金 抱きしめていた

タクシーを止めないで
夜明けまで 歩きたい

わがままを包むように
長い髪 腕の中
18金18金 接吻(くちづけ)をした

セピア色 褪せてゆく
思い出のアルバムよ

時は遠い過去(むかし)も
ああ まるで 昨日のように
君のそのぬくもりだけ
鮮やかに 覚えてる
18金 18金 つけてますね


とんねるずの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
18金の夜/とんねるずの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ