水色の手袋 - 吉田山田の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 吉田山田
公式サイト
水色の手袋  ♪  吉田山田
作詞 : 吉田山田
作曲 : 吉田山田

あなたがくれた小さな水色の手袋
荷物と一緒に詰めたから もう心配しないで
向こうはこっちよりもずっと寒く感じるから
ダサい格好だっていいから温かくするんだよ

走りだすバスにあなたは ずっと手を振り続けてた
別れの時でもないのに 涙が止まらなかった

今だけ私のワガママ許して
いつまでも僕はキミを待つよ
Ah 華やかな街がキミをさらっていった

可愛い家具も見つけたし 仕事にも慣れたし
新しい友達も出来たから もう寂しくはないわ
心配なんかしてはいない 人気者のキミだから
でもキミからの写メールには知らない君が笑う

ちょっとづつ大事なことがズレていってしまうことに
気付かないフリしてた 気付くのが怖かった

変わってしまった私を許して
それでも僕はキミが好きなんだ
Ah 華やかな街がキミを染めていった

水色の 手袋は 今はもう要らなくなって
寒がりな キミの手は 誰が温めるの

最後の私のワガママ許して
キミさえいれば何もいらないよ
Ah 悲しみが僕の心を染めていった

サヨナラ選んだ私を許して
いつまでも僕はキミを待つよ
Ah 華やかな街がキミをさらっていった


吉田山田の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧

RAIN
てんてんてんて
告白
全う
タイムマシン
OK
新しい世界へ
押し出せ
ためいき
水色の手袋/吉田山田の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ