ベランダで虹を見た - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

ベランダで虹を見た-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト
ベランダで虹を見た  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

カモメが空を飛んでるよ
ヘチマが風に揺れてるよ

どこまで細部になれるだろう

キリンが遠くを見ているよ
麦茶が汗をかいてるよ

日々の振幅が
微睡みの中にあり
夢の入り背に
現実が宿る

人は
どこまで細部になれるだろう
胸は感情に支配され
透明が手の甲に遊ぶ

温かいものと
柔らかいものが
霧の領分で
肯定された

大好きな人と
さよならをする
大好きな風を
遮らないように

チャイムがお昼を告げてるよ
ぼくらは黙って立ってるよ

どこまで細部に…


森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
ベランダで虹を見た/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ