四季 - Kagrra,の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

四季  ♪  Kagrra,
作詞 : 一志
作曲 : Kagrra,

噫 風に吹かれ舞い散る桜は 何故この心に侘しさを説くのだろう
人は時を泳ぐたびに 何かを失くしてゆく 水面に揺れる木葉のように 流れて流され消え逝く
愛しくて 愛しくて 心から 言葉みつからぬほどに 貴女への想いよ 永遠に 四季は廻り巡る

噫 影を宿す母なる光に 何故この心は潸潸と泣くのだろう
人は掌を合わせて 明日を願い祈る けれど私の両の指は 貴女を求めて彷徨う
愛しくて 愛しくて 心から 言葉みつからぬほどに 貴女への想いよ 永遠に 四季は廻り巡る

春過ぎて夏来にけらし 秋が降り冬が芽吹く

愛しくて 愛しくて 刹那くて 涙溢れ出すほどに 悠久の誓いとともに咲け 四季を跨ぎ
愛しくて 愛しくて 心から 言葉みつからぬほどに 貴女への想いよ 永遠に 四季は廻り巡る


ミニ情報
映画「掌の小説」主題歌
アルバム「百鬼絢爛」収録曲
Kagrra,の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
四季/Kagrra,の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ