帰り道 - PENGINの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

PENGIN
公式サイト
帰り道  ♪  PENGIN
作詞 : 346
作曲 : 346・小高光太郎

この街の空が 僕を見下ろす 寂しくて 少し不安になる
故郷の雨が 懐かしくなって 傘も差さずに この雨に打たれる

まるでドラマの様な日々の中で 僕は息をしていたよ
泣いたり 転んだり 道は迷路みたい だけど楽しい
色褪せた想い出の中の 君が今も僕の名前を
呼んでる声がする 『何処かへ遊びに行こう』と

僕の帰る場所 君が居なくても 温もりはそのままだよ
鳥が空を泳ぎ 風を運んで 新しい世界へと
明日に延びる木の下で 笑い声がこだまして
陽が暮れるまで遊んだ日よ ありがとう
僕らの想い出の跡 過ごした青春を 忘れないよ
その声も 香りも 全てが 優しく抱いてくれるよ

両手からこぼれてしまう 必要以上に求める
人は大人になるたびに 臆病になって 気持ち隠したままで
『愛してる』も言えない程に 遠くへと来ました
戻れない… 君は居ない… 今、会いたい

帰り道 僕らの足跡 残してまた次の明日へと
咲いたり 枯れたり 夢の蕾み 光りだして 未来に…
ありふれた別れだとしても ありふれた出会いではないと
心から 言えるから 想い出達、 この胸に いつまでも

サヨナラ 泣いてたって 目の前には 広くて
見た事無い世界が また始まる
僕らは 次のバスへと 乗り換えて明日の
違う景色を 探しに行くだけさ

その場所には夢が咲き乱れて
誰かがまたそこで恋に墜ちてゆく
出会える事で卒業できるはずさ
雨も 曇りの明日でも 晴れのちの幸せが待っている

愛の答えは無くて 愛の替わりも無くて わがままで無邪気なまま
色を変えて 僕の道を染めてく 君が居ない所まで

僕の帰る場所 君が居なくても 温もりはそのままだよ
鳥が空を泳ぎ 風を運んで 新しい世界へと
明日に延びる木の下で 笑い声がこだまして
陽が暮れるまで遊んだ日よ ありがとう
僕らの想い出の跡 過ごした青春を 忘れないよ
その声も 香りも 全てが 優しく抱いてくれるよ

サヨナラララ


ミニ情報
山形銀行CMソング
アルバム「PENGIN HOME」収録曲
PENGINの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
帰り道/PENGINの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ