レストラン ゆず 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

レストラン  ♪  ゆず
作詞 : 北川悠仁
作曲 : 北川悠仁

東京という町が あまり好きじゃなかった僕に
僕より田舎者なのに 君は色々教えてくれた
地下に続くこの小洒落たレストランも
今じゃ馴染みの店になったんだ

上京して8年 少しくたびれた横顔
君は生まれ育った町に帰っていった
その目にこの町は 一体どう映ってたの?
探してたモノは その手に見つかったのかな?

スクランブル交差点の人ゴミの中
はぐれてしまった僕らの心は
早すぎる人々の足音の中に
消されていってしまった…

気が付けば空は しらじらと明け始めて
渋谷の街は まるで祭りの後のようさ
下り電車 始発一人で待ってたら
ふいに泪が溢れてきたんだ

廻り出した山手線のドアが開く
倒れ込むようにシートで 眠りに落ちたら
あの頃と同じ顔して笑う
君の夢を確かに見たんだ

スクランブル交差点の人ゴミの中
はぐれてしまった僕らの心は
早すぎる人々の足音の中に
消されていってしまった…
消されていってしまった…

東京という町が あまり好きじゃなかった僕に
僕より田舎者なのに 君は色々教えてくれた
地下に続くこの小洒落たレストランも
今じゃ馴染みの店になったんだ


ミニ情報
アルバム「FURUSATO」収録曲
ゆずの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ゆず「レストラン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ