線香花火 - MARIAの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

線香花火  ♪  MARIA
作詞 : TATTSU
作曲 : TATTSU

オレンジ色の夕日が 住み慣れた街包んだ
2つ重なった影は離れないと思っていた

いつから滲んで見えるようになったの
見知らぬ廃墟に変わっていく
いつもの景色が

切なく咲く線香花火 夜に溶けて
まるで今の2人を見てるみたい
届きそうで届かないこの距離に
戸惑うのは私だけなの

ベッドの中のぬくもり 2つ並んだ歯ブラシ
趣味の悪いTシャツも 輝いて見えていたのに

どうしてあなたは私の目を見ないの
気付かないフリしてしゃべっているだけ
震えてるのに

花火越しに見つめていたあなたの顔
いつも通り優しく微笑んでいる
壊れそうな静けさの中でそっと願っていた
戻れたら 出会った頃にまた戻れたら

切なく咲く線香花火 夜に溶けて
まるで今の2人を見てるみたい
届きそうで届かないこの距離に飲み込まれて 怯えて

切なく咲く線香花火 夜に溶けて
まるで今の2人を見てるみたい
求めすぎて引き裂いてしまいそう
でもこの手を離せない まだこの手を離したくない


ミニ情報
アルバム「Day by day」収録曲
MARIAの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
線香花火/MARIAの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ