暗くなるまで待って - 藤井フミヤの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

藤井フミヤ
公式サイト
暗くなるまで待って  ♪  藤井フミヤ
作詞 : 河野丈洋
作曲 : 河野丈洋

歩き慣れた道から夕暮れが見える 心がすこしざわめいて
なにか大事なことを思い出したけど きみを見てたら忘れた

くりかえす日々 せまる暗闇
だけど終わりは始まり きっと

なにげない時が輝いて きみのためにぼくはいる
なにもかも無駄じゃなかった そう思うよ
昨日と違うハダシの未来が 見えたような気がしてる
どこまでも続いてゆくよ 遥か遠くまで

なくしたものばかりを気にして生きても 本当のことは見えなくて
自分に迷うときは明かりを消すんだ 大切なものが灯るよ

夕闇の中 魔物が見えた?
気のせいだよね きっと きっと

きみがよく呆れるジョークに混ぜて話せたらいいな
あくびするフリしてちょっと涙目だよ
きらきらひかる水面のように 春の陽だまりのように
さりげなく伝えたいから きみの手にふれた

それぞれ違うかたちの未来を ぼくらは抱きしめている
今はまだ言いたくないんだ 意味はないけど
昨日より今日 今日より明日 たとえばそんな風にね
いつまでも思いたいから きみの手にふれた


ミニ情報
アルバム「F's シネマ」収録曲
藤井フミヤの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
暗くなるまで待って/藤井フミヤの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ