渚 - 藤井フミヤの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

藤井フミヤ
公式サイト
 ♪  藤井フミヤ
作詞 : 河口京吾
作曲 : 河口京吾

初めて出会った日を思い出すような青空
海の見えるベンチで不器用なキスをした夏休み 昨日のよう

流れゆく年月にこの街も随分変わったよ
君を乗せた自転車で何処までもゆけるって思ってた あの頃

若さの意味など誰も知らずにみんな夢見ていたね

君の笑顔が僕に強さをくれたあの夏
そっと耳をすませば波音が聞こえるのさ
時代の渚 さらわれた何か 変わらないで君だけは

あきらめる事にAh 少しずつ慣れてゆくとき
かがやいた僕たちの季節は色褪せてしまうのかい 教えてよ

おんぼろギターをかき鳴らしてみんなで歌ったメロディー

ほんの小さなウソで二人砕けたあの夜
いまも記憶の中で雨は降り続いている
問いかけるように かわいた心を やさしく濡らしてゆくよ

ただ前へ前へ進んでゆく そんな日々に立ち止まるとき

君の笑顔が僕に強さをくれたあの夏
そっと耳をすませば波音が聞こえるのさ
時代の渚 さらわれた何か 変わらないで君だけは

変わらないで君だけは


ミニ情報
アルバム「F's シネマ」収録曲
藤井フミヤの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
渚/藤井フミヤの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ