金木犀 - ALvinoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword ALvino
公式サイト
金木犀  ♪  ALvino
作詞 : 潤
作曲 : KOJI

色あせた景色が銀色に染まるまえ
突然の言葉は 空虚にながれてた
生まれた街から君は消え去った

冬の香りはすぐそこで 僕に問いかけてくるんだ
君は居ないの? 逢いたい
一分一秒の君を 写真に残すのはイヤだから
抱きしめたいよ もう一度…

君の強さはいつも僕が嫉妬するほどで
何となく感じていたけどこんな風に
離れたくはなかったよ僕はまだ

金色に咲き落ちる頃 僕だけの笑顔が見えるんだ
そばに居たいよ 逢いたい
胸の奥のこのピースは 他の誰とも合わないのなら
このままで居るよ だけど…

香りだした金木犀の 咲いてる花と同じ数だけ
君が好きだった
はしゃぎ合った僕らの街は もう次の色に変わってくよ
また見せたかったな
本当に君が大好きだった だから僕もこの街のように
色を変えるよ さよなら


ミニ情報
アルバム「capsule」収録曲
ALvinoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
花鳥風月
ALive
春恋
JUMPER
冬の天使
White Heart
Liar Lion〜真実の口〜
Dilemma
夢ネイロ
One step!!
金木犀/ALvinoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ