雨のちHeart - ALvinoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ALvino
公式サイト
雨のちHeart  ♪  ALvino
作詞 : 潤
作曲 : KOJI

雨の渋谷は邪魔な傘ならべて しずくを飾った銀色になった
通り過ぎていく人ごみを見つめて 止まない空の下君だけを探した

君に出逢った日と同じこの雨に あの日と変わらない僕でいようと
思ったから

いつまでも ずっとずっと君と蒼い空を追いかけよう
明日はきっと晴れているから
これからも もっともっと空へ雨の向こうに虹を架けていこう
君といっしょなら描けるさ僕らのハート

商店街のボロいひさしの下 肩をならべた優しい黒猫は
恋の未来をなにも知らないけど 不思議そうにして見上げては鳴いた

君の優しさに惹かれた雨の日 いちばんそばにいてほしい人だと
思ったから

いつの日か きっときっと君とこの雨の空飛び越えて
確かな愛のカタチ見つける
これからも もっともっと君と明日へ虹の橋を架けていこう
君といっしょなら描けるさ僕らのハート

そう誰もが 大事なもの抱いて生きてる 僕らはそれを忘れない

これからも もっともっと空へ雨の向こうに虹を架けていこう
君と僕でずっとハートを描いていけるから
いつまでも もっともっともっと君の笑顔を虹色に変えて
繋がっている大切な僕らのHEART


ミニ情報
アルバム「capsule」収録曲
ALvinoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
雨のちHeart/ALvinoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ